カテゴリ:プロセス > フィルムスキャン

今までVueScanを使ったフィルムスキャンについて書いてなかったようなので、ちょっと記事にしたいと思う。

僕自身が今まさに本格的なスキャン作業に入るので、今やっていることをそのまま書こうと思う。

いままで、現像から上がったものをVueScanでスキャンしてきた。あくまでセレクトするため(インデックスやべた焼き、紙焼きは注文してないので、自分でスキャンせざるを得ない)に低解像度てスキャンしてきた。色やコントラストなどもある程度適当。今後は高解像度でスキャンしプリント向けにレタッチをしていく予定だ。

まずは「VueScanって何?」という話を書いておこう。

20
上はVueScanの起動画面。

 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

フィルムをデジタル化する際に必要なのがスキャナー。
フィルムの需要低下が止まらない現代(現代日本)においては、フィルムスキャナーは全滅状態。
現状では、エプソンかキャノンのフラットベッドスキャナーを利用するのがメインでしょう。

しかし、いまや元気な台湾。フィルムスキャナーを製造しているメーカーがあります。
PlustekとPacific Imageの二社。
日本でも販売している会社があるけれど、なんだかいろんなコストが乗って結構お高い。
だったら、エプソンのフラットベッド買ったほうがいいや・・・ってお値段になってしまっている。
今は円安だから微妙だけど、円高の時期にはアメリカから個人輸入のほうが安かったんだよね。

さて、今回はエプソンのフラットベッドスキャナーとPlustekのフィルムスキャナーの画像を比べて見たい。

 続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ