カテゴリ: 機材

ライカといえばレンジファインダーのM型が有名ですが、一眼レフのR型も出していたんですよ。

それに、現行のデジタルカメラでもライカ Sは一眼レフですね。ただ、中判デジタルでライカなので、超絶お高いです。

ライカSは中判の中でも珍しく30mmx45mmの2:3のフォーマットのセンサーを使ってます。他者は645のフィルムフォーマットに習って3:4のセンサーがほとんどです。

こういうところにライカはこだわっちゃうんですね。そして、商品化できちゃうんですね。そこがすごい。

独自設計のセンサーなんてコストが高くなるのに、ライカの伝統を守る方を優先する。でも、それがまたストーリーとしてブランドロイヤリティを高めるんでしょうねぇ。

中判だったら67が好きなので、645で撮って左右を削るほうが好みです。ライカ Sとはご縁は無いでしょう。

ライカRシリーズはR8、R9は独自デザインのどでかくて重いカメラになりました。二台持ちしたために、腰やられました。甘く見てました。あの頃の腰の状態に戻りたい…。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ついつい機材熱に燃えてしまう。今までどんだけカメラを買っては売り飛ばしてきたか。

今も新しいカメラが欲しい気持ちがメラメラしたり、理性で落ち着かせたりと大変だ。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

「いまさらフィルムで撮ります」というタイトルでブログを始めておきながら、突然の暴挙に走った。
ほとんどの機材を処分。

気分スッキリ。

DSC_0148-01


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ライカ R4sの修理後、光線漏れがあったと書いたがその続き。
以前の記事はこちら→ 修理に出したのに、光線漏れしたよ・・・

インデックスプリントをスキャンして画像をつけて修理業者さんに連絡したところ、すぐに返事をいただき、着払いで送ってくれとのこと。
すったもんだせずに即対応だったので良かった・・・。

2015_1122_20461400


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

カメラの露出計は、その機種ごとによってまちまち。
もちろん古いカメラは感度が鈍くなったりすることもある。

新しい機種でもネガ用にオーバー目に撮影できるように、
遅めのシャッター(もしくは絞りを開く)ように表示する機種もあれば、
ネガ用にアンダー目に撮影できるように、
早めのシャッター(もしくは絞りを閉じる)ように表示する機種もある。

DSLR Liveview.jpg
"DSLR Liveview" by © Bill Bertram (Pixel8) 2009 - Pixel8. Licensed under CC BY-SA 3.0 via Commons.

 

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ